生活文化

「災害について学び備えよう(ワンコインサービス講座)」

■講師:大坪 明(おおつぼあきら)
武庫川女子大学 特任教授

開講日 10/6・13・20・27、11/10・17・24、12/1、1/19・26(予備日 12/8・15、2/2)
時間 13:00~14:20(木)
受講料 5,000円(10回)
使用教室 MSCレクチャールーム
定員数 20名

講座内容

 近年は、地震をはじめ豪雨や台風等の気象災害によっても、甚大な被害が発生する様になってきています。特に南海・東南海地震については、今後30年以内に70~80%の確率で発生すると、政府の地震調査研究本部では予測しています。そして近年の災害は、かつての被害を基に立てられた防災の処置が、功を奏さない事もある例を示しています。本講座では、地震・津波・台風や洪水等の自然災害の原因及び対処策だけでなく、感染症の広範な流行(パンデミック)などについても、一種の災害と捉え、事例を交えてその原因や対処策を、また人為的に起こされるテロリズムや飛翔体の飛来等の危険性についても学びます。また、私たちは土地に定着して暮らしていますが、地震・洪水・地滑り等の危険性を孕む場所についても、インターネット上で公開されている関連情報を示し、ご自身のお住まいの地域の危険性の有無についての情報の探し方も含めて学ぶ予定にしています。
 更に、防災に関わる仕事をしておられる方に、救急救命のための応急処置などの指導を受ける予定にしています。
 そして暮らしの中で、その様な危険に対する対処を、ご自身で出来る様になっていただくことを期待しています。

●テキスト:
プリントを用いる。